猫の散歩みち

アクセスカウンタ

zoom RSS 明暗・・・・。

<<   作成日時 : 2011/03/19 01:55   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 16

  早いもので地震発生から1週間が経ちました。

画像



  そして多くの方が、安否のわからない不安の中に

  まだ沢山、居るのです。
 

 
  数日前から、親戚 知人 友人などの安否情報を求め

  ホームページ掲載の避難者名簿を数百ページの中から

  名前を探していました。


  
  そんな中、昨日ですが親戚2名の方の名前を発見!

  生きてた〜!と思わず嬉しさが溢れます。

  良かったです。本当に〜。



  そして、主人の甥っ子の結婚したばかりの奥さんと

  生後1ケ月の赤ちゃんですが 車に乗って避難す

  る時に波に飲まれたのを見ていたお母さんが

  状況を話に来られたとの事でした。そのお母さんも

  津波に飲まれたのですが近くの木に必死にしがみ

  ついて助かったらしいのです。 甥っ子は奥さんを

  探しに行きたいのにガソリンが無くて行けないと

  言ってました・・・。無情だぁ〜




  地震発生日に我が家の次男は引っ越しバイトで帰宅

  が遅く心配だった事を前に記事に書きましたが

  後で聞いた話によると、地震前日と地震翌日は

  気仙沼や相馬  そして荒浜 閖上と正に今回

  津波被害にあった場所の引っ越しが入ってたそうです。

  地震当日だけ、たまたま仙台市内の仕事で大丈夫

  でしたが一日ずれていたら息子もどうなっていたか?

  そう思うと本当に運が良かったと胸をなでおろしてし

  まいます。



  何が明暗を分けてしまうのか、それは神様だけが

  知る事なのでしょうか・・・・


  昨日は、とても悲しい知らせが入りました。

  津波に合うような場所に住んでない友達だったので

  すが、息子さんが山元町の自動車学校へ行ってる時

  津波被害に会い亡くなられたとの事・・・。

  そこの自動車学校は海辺にあり跡形もない状態。

  まだ18歳ですよ・・・

  念願の大学にも合格したばかりで大喜びしていた

  矢先でした。

  これからという時の惨事です。

  帰宅しない息子をずっと探していたのですがついに

  遺体を発見したそうです。

  18年で途絶えた息子が思い出となっていく悲しみを

  思うと切なくて悲しくて・・・

  ただ、ただ 涙が落ちてきます。

  つらいですね・・・・

  胸が詰まりそうな程、可愛そうでなりません。  

  ご冥福を祈るばかりです。




  
    
画像



  


   皆さまから暖かいコメントを頂いてるのに

   お返事が書けずにおります。

   申し訳ございません。 

   コメントや気持玉は大変、励みとなっており

   嬉しいしだいで本当に本当にありがとうございます。

   いつも応援ありがとうございます〜









 


        人々の為に私も祈ります・・・・
           

         笑顔になれるその日まで 











     

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 37
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
毎日毎日、犠牲者の数がどんどん増えて
いくのに心を痛めています。ニキティキ
さんの周りでいろんなご友人、親戚の
方達が被害に遭われたんですね。どんなに
悲しいか想像するのも難しいくらいです。
今はまだ現実を受け止めるのもできない
くらいなのかもしれませんね。被災して
ない地域の人達は皆、何をしたらいいのか
と悩んで、少しずつでも自分ができる
事を探しているようです。私も節電、募金
など出来る事に参加していきます。
日本全体が同じ方向を向いていたら、きっと
復興はできると思います。頑張って
いきましょうね。
ハリーママ
2011/03/19 13:11
早いもので、あれから1週間が
経ちましたね。
避難生活を強いられている方々にとっては
長い1週間なのでは・・・・
ご家族を亡くされた方のお話や
災害にあった悲惨な状況を聞くたびに
自分に置き換えて聞いています。
「もし自分がその立場だったら、
たえられるのだろうか・・・・・」と
色々と考えさせられてしまい
ただただ、胸が締め付けられ
涙が出るだけです。
とにかく今は自分の出来ることをし
1日も早い復興を願うばかりです。
もっち♪
2011/03/19 14:32
被災地にお住まいの方はご自分の家族が無事であったとしても、ご親戚やらお知り合いの方が不幸に遭われているケースが多いですね。
これだけ広範にわたる災害ですし、地元とのつながりの中で生きてきた方々が多いでしょうから。
ニキティキさんもそんなお一人かなと思っていました。やはりご親戚やお知り合いで悲しい結果になっていたのですね。
あまりにもひどい災害の中で少しでも運が良かったと思うのは難しいことだと思いますが、18歳でなくなられた青年、遺体が見つかっただけ運がよかった、赤ちゃんと共に飲み込まれたママ、その最後の姿を目撃した方からお話が聞けただけ運が良かった、こんなの慰めにもなんにもならないけれど、そんなことしか言えません。
ノア
2011/03/19 14:38
あまりにも悲しいですね。
山元町ですか?18歳・・・亡くなられた方。
想像出来ない地震ですもん。ただ、やっぱり
こんな大津波、経験もないし、
津波は大丈夫だろ〜って、油断は、あったような
気がします。海岸地域で、対策も百戦錬磨の
方々が、このようなことになったので
どうしようもない津波だったのでしょう。
ただ、許せないのは、14日の日に、東京電力が
原発は、もうどうしようもないので
社員全員撤退すると、政府に、報告した事実が
今日になり、発覚したことです。
自分たちが、受注・大金を手にしておいて
いざとなると、逃げる。実際、今現場で
放射能と戦ってるのは、東電ではなくて
大多数が、外注の方たち・・・。
逃げるなんて、同じ、民間サラリーマンとして
許せない思いです。
イノッチ
2011/03/19 19:22
TVでも、だんだんリアルな体験談を聞くようになってきました。もう聞いているだけで、読んでいるだけで息がつまりそうです・・。どれだけ苦しいか冷たかったか寒かったか・・。知らない人なのにこんなに悲しいのに知人や遺族の方はどれだけ、ホントどれだけ悲しい思いしているのか。自分だったらどうやって乗り越えられるのかな。
ひじ丸
2011/03/19 19:29
こんばんにゃ
日に日に亡くなった人の数が多くなってとても苦しいです。
今日のズムサタで、避難所で何日か振りに会えた人に体育館全員が拍手をしていました。とても温かかったです。
この暖かさが日本全体に広がるといいですね!
たんぽぽ
2011/03/19 21:00
一週間ですね。
もう一週間経つんですね。
先週末と今週末とではまったく状況が違います。
ホント、何が明暗を分ける事になるんですかね。
うちの隣にお住まいの奥さんの実家が宮古市なんだそうです。
三軒隣の家までは津波で持っていかれたそうです。
ご実家は床上浸水で済んだらしいのですが、身内の方がお一人まだ行方が分からないと言ってました。
なんて言っていいのか…
今は避難所で生活してるとの事です。
こちらに呼ぶにも交通手段の問題で今はなかなか難しいらしいのです。
ぜひくじけずに頑張ってほしいです。
皆の支援物資がなかなか被災地まで届かないというニュースを毎日見てます。
支援物資が腐る前に被災地までちゃんと届くにはどうすればいいんですかね。
今日もわが家の前の道には近所のガソリンスタンドに向かう長い行列…
でもスーパーにはようやく少しづつ品物が出てき出してきました。
徐々にではありますが、もとの生活に戻ってようきた気がします。
猫吉
2011/03/19 21:30
同じ年頃の子供を持つ身として、
ご友人のお心を思うと、言葉もありません。
毎日、新聞の数字がどんどん増えて行くのを
目の当たりにし、この甚大な被害をもたらした東日本大震災は、想像をはるかに超えた、真の未曾有の災害だったのだと、空虚のなかにほおり投げられたような気持に陥ります。
今はただ、ご友人のお子様のご冥福をただ祈るばかりです。
おかぁしゃん
2011/03/19 23:26
人の生き死には ほんのチョットの偶然で 左右されるってこと 今回ほど強く感じたことありません。
今日は 一週間ぶりに救助された方のニュースをみました。一人でも多くの行方不明の方が救助されて 今 被災所にいる方たちが 暖かい安全な場所で夜を過ごすことが出来て そして 飼い主さんたちとはぐれたペットさんたちが早く 飼い主さんと再会できることを 祈っています。 

丸み
2011/03/20 00:01
津波の恐ろしさを再認識させるようなお話ですね。身近な人が理不尽に亡くなるって、どんな気持ちなんだろう…想像するだけで胸が痛いです。
被災された方も大変な恐怖を経験されたでしょうから、心のケアを十分にしてほしいです。
もりお
2011/03/20 09:07
被災地の皆さんの悲しみの様子が報道されるたびに心が痛みます。
私たちも距離こそ遠いですが、いつも応援していますよ!
一日でも早く被災地の皆さんが普段の生活を取り戻せますように。
H&N
2011/03/20 09:58
ニキティキ様。お元氣にお過ごしですか
私はちょっと心と体がバラバラです
一週間経って色々な連絡も落ち着いて来て
疲れが出て気持ちの浮き沈みが激しいです
元氣でご家族と過ごせることを支えにして少しづつ受け止められるように。私みたいにならない様に
お祈りしています
亡くなられた皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げます
少しづつ前へ歩きましょうね、一緒に。
みなも
2011/03/20 10:26
助かった人の朗報と、亡くなった方の悲報。
思いの起伏で胸が一杯になりました。
甥子さんの奥さんと赤ちゃん、お友達の息子さん・・・、言葉がありません。
ご冥福をお祈りするだけです。

日常生活はまだ不便が続いてるのでしょうね。
どうか、健康に注意して、一歩づつ前に進んでください。
声援しか出来ないのが、心苦しいです。
T&M
2011/03/20 16:47
長い1週間でした・・・。
被災地の方々の心のケアもしていただきたいものです。

ニキティキさんも相当頑張ってきたことでしょうね。あえて言いますが、あまり頑張りすぎないでくださいね。
余震にお気をつけてください。
きらら(3にゃんず) 
2011/03/20 16:50
ニキティキさん、、、あんまり落ち込まないでくださいね。。。
すぐには無理かもしれないけど、、、きっとまた明るく過ごせる日が来ることを信じてます
くれぐれもお身体には気をつけてください
monaka
2011/03/21 09:44
こんばんは
嬉しいこと、悲しいこと・・・
両方・・・
お友達の、お母さんの気持ちを
考えると、胸が詰まります。

息子さんは、本当に紙一重でしたね!
良かったです。
一瞬の差で助かった猟師さんが
言っていた一言が、胸に染みました。
「生き残った者は、生きる義務がある!
だから絶対に負けないで、生き抜く!」と。

前回の、アニマルピースの記事を
リンクさせて頂きました。
募金の部分は、コピーしました。
沢山の募金が集まるといいですね!!
Kazzy
2011/03/21 22:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
チョビコ♀ 13歳
画像
ルドルフ♂ 9歳  
画像
シャドー♂ 9歳10ヶ月で虹の国へ。
画像
とらこ♂ 8歳
明暗・・・・。 猫の散歩みち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる